32.麻黄附子細辛湯類の処方

甘草麻黄湯は、体の体表に水分が多く停滞しています。裏の方にはトラブルがありません。甘草麻黄湯は上半身の浮腫に使用します。

麻黄附子甘草湯は、体表に水があり咽痛を伴う表虚があります。

麻黄附子甘草湯の方が麻黄附子細辛湯より水の量が多い症状であります。水をさばく力が麻黄の量の多い分あることになります。


甘草麻黄湯・麻黄附子甘草湯・麻黄附子細辛湯の薬味の相違を表にして見ました。

○麻黄附子細辛湯の類処方の薬味の相違
(新古方薬嚢の薬味の分量)
c0130221_11572745.gif

〔新古方薬嚢〕より
●甘草麻黄湯の目標

〔全身にむくみある者、浮腫みありて息切れあり食物は普通に喰へる者、本方は喘息にも効あれ共多くは一時押へなり〕
●麻黄附子甘草湯を用ふる證〔身體重く内に熱があり少しさむけして元気なきもの、或は其れに咽痛を伴ふ者、又は全身に水腫あって咽のの渇く者〕

●麻黄附子細辛湯を用ふる證
〔風邪その他にて発熱するも熱甚だ高からず、身體何となく力無く氣力乏しくして唯臥するを欲する者、悪寒の様子普通の風邪の如く強くぞくぞくする者よりも唯何となく、そう毛立ちて熱っぽしと言ふもの多し、唯かつたるがってゴロゴロしたると云ふが目的なり。咳は出ることあり。出ぬこともあり。併し大概は出るもの多し、脉の沈んで細かい所を注意すれば尚更本方の證は確実なり。本方は老人小兒のみに非ず。一般の風引きに応用多し〕

傷寒論・金匱要略より条文を引用してみますと

金匱要略「水氣病脈證治第十四」の第25条より
●裏水、越婢加朮湯之れを主どる、甘草麻黄湯も亦之れを主どる。

傷寒論「辨少陰病脈證併治第十一」の第22条より
●少陰病、之れを得て二三日、麻黄附子甘草湯にて微しく汗を発す、二三日は裏證無きを以ての故に微しく汗を発するなり。

金匱要略「水氣病脈證治第十四」の第26条より
●水の病たる、其の脉沈小なるは、少陰に属し、浮なる者は風と為し、水なく虚脹する者は、氣水と為す、其の汗を発すれば、即ち已ゆ、脉沈の者は、麻黄附子湯に宜し、浮の者は、杏子湯に宜し。

傷寒論「辨少陰病脈證并治第十一」の第21条より
●少陰病、始めて之れを得て、反て発熱、脈沈なる者は、麻黄附子細辛湯之れを主どる。

麻黄
の氣味と効用について
神農本草経に曰く 味苦温、中風傷寒頭痛温瘧をつかさどり表を発し汗を出だし邪熱の氣を去り欬逆上氣を止どめ寒熱を除き癥堅積聚を破る。
薬徴に曰く 麻黄主治喘咳水氣也旁ら悪風悪寒無汗身疼骨節痛一身黄腫を治す。
新古方薬嚢(荒木朴庵)ボク曰く よく表裏の水を逐う。故に汗を発し熱を解し喘を除き咳を鎮め、痛みを去り悪風寒を止どめ水氣を消す。
甘草の氣味と効用について
神農本草経に曰く 甘草味甘平、五臓六腑寒熱邪気を主どり筋骨を堅め肌肉を長じ気力を倍にし金瘡の腫れや毒を解す久服すれば身を軽くし年を延ぶと。 
薬徴に曰く 甘草主治急迫なり故に裏急急痛を治し旁ら厥冷煩躁衝逆等の諸般急迫の毒を治すると。
新古方薬嚢(荒木朴庵)ボク曰く 甘草は味甘平、緩和を主として逆をめぐらす効あり、逆とは正に反する事なり、めぐるとは元に戻る事なり、故によく厥を復し熱を消し痛を和らげ煩を治す。
細辛の氣味と効用について
神農本草経に曰く 細辛味辛温、欬逆上氣頭痛脳動百節拘攣風濕痺痛死肌を主どり久服すれば目を明らかに九竅を利し身を軽くし年を長くすと。
薬徴に曰く 細辛主治宿飲停水也故に水氣心下に在りて咳満し、或は上逆し或は脇痛するを治すと。
新古方薬嚢(荒木朴庵)ボク曰く 細辛は中を温め、寒を去り、痛みを除き、痰を消し、咳嗽を治す。
附子の氣味と効用について
薬徴に曰く 逐水を主どるなり、故によく悪寒身体四肢及骨節疼痛或沈重或不仁或厥冷を治し旁ら腹痛失精下痢するを治すと。
新古方薬嚢(荒木朴庵)ボク曰く 附子味辛温、表を實し陽を益し津液を保つ故に悪寒し厥冷を復す。
[PR]
# by shizennori | 2008-10-29 16:59 | 32.麻黄附子細辛湯類